この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

23

heim

僕のことを疑える君も好き。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
本編でもこの話でも、別に天使は積極的に煙に巻こうとしている訳じゃないんですが、今のリムでは本当のことを知っても重いだけだろうと思って、敢えてわかりにくく言い表してることは多いです。別に彼は何も急いでないので、少しずつでも伝えられればいいし、なんなら今の生で理解する日が来なくたっていい位には構えてます。
恋した相手からのキスだけであっても『なんでもする』のはこの天使に限らず、恋した天使悪魔全員に共通する価値観です。互いに同じ想いを抱くことは絶対にないと分かっているし常に飢えてるからこそ、相手からのアクションにそれだけの価値を見いだせる模様。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ