この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

28

heim

偶になら嫉妬も悪くない。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
この時点で聖女はなんかずっとモヤモヤしてるだけで、本当に自覚はないです。発した言葉も深く考えず口に出してるので、勇者に指摘されても直ぐに意味が理解できず戸惑ってます。そもそも彼女は精神的にまだまだ未成熟なので、こういう感情を己ではっきり整理出来ません。
勇者は姫に会っても現時点では聖女が何も思わないだろうと考えてました。城に行ったのは、城を見たことない聖女にお城の内部を見せるためです。だからこの聖女の反応は予想外でした。偶には悪くないとは考えてるけど、積極的に嫉妬させて喜べる性格でもないので今後同様の行為を狙ってする可能性は非常に低いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ