この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

heim

こんな音でも、役に立てるなら。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
春翔の奏者としての自己評価はかなり低めですが、それは一般的な演奏者としての基準における低さではないです。そして遥たちと暮らし始めたことでその内容は少しずつ変化していて、今では(特に遥がいる場合に)過去の彼とかなり異なる音を出すようになっているのですが、本人は己の変化にまだ気づいてません。
ただ、遥達と会って初めて、彼は演奏を楽しむ感覚を知りました。純粋な気持ちではなく少々邪なものも入った楽しさではありますが、その結果として暇さえあれば常に弾いています。そして遥は、音が聞こえるとつい彼の部屋に行ってしまう癖がつき始めてます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ