この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

heim

泣くのは狡い、という言葉の意味を知った日。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
立場入れ替わりを若干?勘違いしてるかもしれませんが、個人的に面白いのでこのままで書きました。
なおリュシアンはカリカが経験豊富でも一切気にならないし、しません。カリカに触れた男は全員、見かけたら半殺しにして記憶を奪う程度はするかもしれないけれど、カリカ自身に対しどうこうは思わないです。良いも嫌もなく、彼にとってそこは問題じゃないので。それは本編と同じです。
泣いてるのは、カリカが「自分でしたかった訳じゃ無い」と言ったことにより、(過去カリカに何かした相手と同じように)カリカに不本意な行為を強いてしまった己への憎悪や後悔や情けなさ諸々の感情に耐えきれず、ですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ