この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

heim

こうするとは言ったけど、常に手だとは言ってないよ。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
同じ歳ケセドは本編よりもヒナに対しての振る舞いでちょっと幼さがあります。それはヒナに対し大人として振る舞う必要がないからで、人間として年相応のってヤツではないです。セフィラは全員、生まれた時からセフィラだし、全員どこかで足りない部分がある存在です。全員上手く誤魔化してますけど。
なお休みのお出かけにはサクヤ親子が付いてきますが、これは心配性のビャクヤによる勝手な配慮。でもヒナが喜んだので不問に処されます。
このifのケセドはサクヤにあんまり譲らないです。サクヤは呆れつつも遠慮せずに(たまにレイと結託して)隙を狙います。ヒナはその辺よくわかってません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ