この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

22

heim

孤独だった少年の前に現れた不思議な兄弟。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
残暑見舞いその9。本編では存在感の薄かった、カインの新しい弟であるセトです。
たまたまアベルと同じ孤児院にいた彼ですが、出会った当初は結構スレてました。セトの置かれた状況、持ってたハンデを思えば、それも仕方ない部分があると思っています。この先、解析の勉強を進める中でハンデがハンデにならない程度に成長していくセトですが、大人になってもセトがカインとアベルに感謝を忘れることはないです。
カインはそんなん気にすんなよと笑うし、アベルもなにもしてないよと笑うけど、それでも。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ