この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

23

heim

そばにいる理由になるなら何でもいい。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
エルダは寝ている間に時々夢を見ているのですが、起きた時まで覚えていることはあまりありません。そして天界にいる頃には悪夢を見ることは無かったけれど、魔界に来た後は時々見るようになっています。それは不幸になったからと言うより彼女の感情の振れ幅が増えたからであり、平穏だけど何も起きなかった天界に比べて、より鮮やかな感覚で生きてるからです。
まぁそんなことはゾルさんに関係ないです。そして魔界において彼が害される可能性はほぼ無いんで、エルダが見た悪い夢が正夢になる日は来ません。結局、悪い夢さえもいちゃつく理由になるだけの話でした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ