この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

23

heim

赤い部分もデザートとして食べます。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
残暑見舞いその10。山田には妙にワガママに接する我らが桂木さんです。年齢差二桁前後なのに全くそう見えない、精神年齢低めイケメン。なお今回の話が妙にアレに見えた方々は独自フィルターが標準装備されていると思われます。え、自分ですか? はっはっは何のことやら……大人のたしなみ程度です。特別好きでも嫌いでもなく、良いものは良いもので楽しむ程度ですね。
一応8月末までの予定ではありますが、残暑見舞いのここ何回かで登場が偏ってるのもあるので、少々急ぎ足にするかもしれません。ご期待の何かの登場が少ないという方がいそうなんで。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ