この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

10

heim

年下だけど、見習いたい。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
桂木にとって山田は憧れる部分が多いです。山田は自分を普通と言って憚らないですが、その普通がとてもうらやましく見えます。今更羨望を嫉妬に変えたりはしないですが、自分には無かった憧れの何かを感じるたびにいいなぁと思うのはやめられません。ただ、それを全部口に出すのはこの桂木でも躊躇するようです。
誤字指摘ありがとうございます! もーなんで自分で気づけないんだろうと羞恥に悶えつつ慌てて修正する夜……今後も見つけて頂きましたら皆様どうぞ遠慮なく指摘して下さい。そりゃもう某ケテル様の如くけちょんけちょんに言って頂いても構いませんので。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ