この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

heim

理解も誤解も紙一重。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
この世界、最初からの神様以外で一番長く存在してるのがイワツで次がタカトです。会話した回数は多くなかろうが腐れ縁ですし魔王の決定という点においては長らく共犯者でもあります。でもタカトは一切歩み寄りたいとは思ってません。だってイワツはタカトから見ても異質すぎます。正直怖いです。
表現が正しいかは分かりませんが、イワツにとってマイラは猫みたいなものです。思い通りになると思ってないし、そうなって欲しいとも思ってないです。彼女は好きにしてる様こそが良いので基本は好きにさせてて、命が危なそうな時や健康・生活問題(そして枕)だけ気にして、時に手を出してます。たまに引っかかれようが唸られようが暴れられようが拗ねられようが怒られようが、彼女が死ぬまで見捨てる発想はまったく起きません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ