この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

heim

井山の発言は、良い子には理解不要です。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます
ナマモノ妄想まで嗜む面倒くさい系オタクとその友人の話ですねこれじゃ。恐らく井山は嬉しいんです。今までこういう話をリアルで同性の友人と出来たことなんか無かったので。だからついテンション上がっちゃうし、なんだかんだ言葉に出すくらいは許してくれる二人なのでつい安心してペラペラ喋ってしまうという。
山田は元から友人の趣味をどうこう言う気は(実害がない限り)ないし、桂木はこういう面倒くさい相手には仕事で慣れてるんでいちいち不快さを見せたりなんかしないです。それで嫌ったりも態度変えたりもしません。呆れますが。おかげで妄想暴走獣がどんどんすくすく元気に成長してる訳ですが。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ