この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

heim

あんなに嫌がってたのに。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
老人は待たされるのもたまには悪くないような気がし始め、少女の方は答えを探そうとするとどうしても老人の言葉のあれこれを思い出してしまい思考がおちつかなくなるようになった模様。
かと言ってクリスマスまでの残り日数はどんどん減ってて、答えが出ないままは避けたいと彼女は真面目に思ってます。でも欲しいものは思いつかないんですが。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ