この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

heim

警戒心の塊です。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
少女はこう思ってるけど何を願ってもその後不幸になるかどうかはその子次第で、神は関与してないです。願いの内容が何だろうが、です。
あと老人の言った『親が言ってしまって』は、聞きに行ったとき居合わせた親が善意で答えてしまって、それに拗ねた子どもが欲しいものを変えてしまう(親の回答を心底否定する)パターンですね。子どもあるあるです。
子どもだけの時に聞く時が多いですが、時には親がいる場所でも聞きます。就学前などの小さい子どもが周りに誰もいない状態で一人、は国によっては滅多にありませんしね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ