この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

heim

そして未来へ続く。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
ここまでお読み頂きありがとうございました。そして話は去年のAへと続きます。お暇がある方はちょっと振り返ってAも読んで頂けると、所々でBと対比になってるのがわかるかもしれないです。そしてBの彼の行動をある程度、ご理解頂ければ幸い。
そして少女は最初から本来の願いに即した行動をしてたんです。最後の老人の諸注意はある意味そこをピンポイトに突いてるわけで、無意識であっても彼女の願いは理解してたんだろうなという。
長々とお付き合い頂いたクリスマス更新、来年はまた別なことも出来るよう準備含め余裕を持って挑みたいですね。まぁそれ以前にいろいろもっと出せるように……精進します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ