この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

heim

そして盛大に迷惑かける未来へ。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。そして久しぶりです。
更新が滞っている間にノベルの終了が公式発表され、次の行き先を探し終えた今日この頃。皆様はお元気でしょうか。更新ができなくなるまで後少しではありますが、出来る限りは何かする予定ですのでよろしくお願いします。
早速謝罪ですが、この話は青鳥に出してないです。本当はさよ前に出そうと思ったんですが、あまりに本編から関係ないので此方に出してます。未読の方は本編もどうぞ。魔族と契約した男がえらい目にあう魔術士系の話です。
この男(ヴィンス3代目王)は未来に数多くの布石を敷いてますが、おそらく最大の石はこの瞬間に置かれてます。でも結局何がしたかったかと言えば、対等な友人が欲しかっただけなんですよね。完全な私利私欲です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0