この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

40

heim

だから、今はまだこのままで。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
言語化の難しい独特の関係です。セバスもこれでいいのかなぁと思ったことはありますが、アミルが気にしないのならこれでいいかっていう結論に至ってます。人間の常識なんてどうでも良いですし、アミルが満足してるのが一番なので。
毎度アミルが買って帰るのは台所用品や掃除用品等です。セバスに何がいいかって訊いても、屋敷の管理をする上で必要な最小限のものしか回答されないから。物欲がないので仕方ないです。それよりアミルが帰ってくる事の方が嬉しいですし。ただ、それを真正面から真面目に言われるとアミルだって照れます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ