この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

26

heim

いつもたやすく見抜かれる
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
古谷の気持ちは結構重いし、彼自身その自覚があるので青薔薇姫に言ってません。そもそも自分の気持ちが一般的な恋愛に近いとも古谷は思ってないし、そういったものを彼女に伝える事で多少なりとも重荷になる事の方が嫌なので。自分の胸に秘めたまま、話が進むほどに肥大化していく隠したそれが未来でどうなるのか。何にせよ、考え込むのに体が冷えている状態はオススメしません。これからの季節、特に冷えにはお気をつけください。人の思考は本人が思う以上に外的要因に左右されまくりますので。
それはともかくとして、次回更新に未だ迷ってる今日この頃です。毎度恒例ですけど……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ