この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

21

heim

困らせたくない。でも終わりは考えたくない。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
古谷にとっての青薔薇姫は、別離を考えることも脳が拒否する相手です。ただ古谷自身はごまかせたつもりでも彼女には全く通じてないです。そして嘘をまず言わない青薔薇姫なので、泣かれると困るのも彼女の本音です。本編においても兵士としては色々な面が成長著しい古谷ですが、精神的な主軸はどうやっても青薔薇姫なので、脆さはのこったままです。もちろん彼女はそれもわかってます。
年末までに何かしようと思ってた予定がバッタンとひっくり返ってる今現在ですが、出来る限り更新は続けていく予定です。取り敢えずこの小話集の更新回数はまだ月16回のままを考えてますので、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ