この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

20

heim

この親友、たまに怖い。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
基本はぼんやりなシーグですが、たまにはっとするような発言をしてキールをビックリさせます。何をバカなと笑い飛ばせれば良いんですが、毎回それが笑い飛ばすような法螺じゃないと心の何処かで察しているキールは笑飛ばせず、でも踏み入ることも出来ずに一歩引いて話を変えたり聞かなかったふりをするのが精一杯です。
シーグは日常で虚言を用いるほど物を考えてないし、キールは無意味に本能が作動してる訳でもないので、時々かなり綱渡りの会話をしてますね。この辺の事情はいつか書ければ良いなっていう……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ