この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

24

heim

好き嫌いで表現できる感情じゃない。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
おそらく既存創作で最も難解な2人です。この2人だからこそ一緒にいられるしこれだけ打ち解けましたが、他者ではまず無理でしょう。遥父は比較的受け入れられてますが、それは彼が良い人すぎて他者の在りようを絶対に否定したり非難したりしないからです。
好き嫌いの分かれる一作になってるとは思いますが、ハルハルがやってることは魔術士系のサフとアミルがそれぞれの事情を超拗らせた場合の到達点、みたいなもんだと個人的には思ってます。似てるとこ多いんですよ。結論はどうあれ、どんなに迷走しても不幸な未来にはきっと踏み込まない辺りも含め。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ