この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

heim

精霊は正直です。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
時期的には9月頃の、つまり月見的なものと絡んだ140字SSです。それっぽい草とそれっぽい食べ物を用意して夜に月を見上げるだけの行事ですが、サフと再会して最初の機会だからクリアが張り切ってた模様。精霊に好かれてないとはいえ森に拒絶されることもないので(セバスの配慮)、クリアが捜索始めてしまうと他の精霊たちがわちゃわちゃ騒いじゃいます。ただ歩く程度ならそこまでじゃないんですが、今回は捜索だったので余計だったようです。
アミルは日頃、精霊と会話してる程じゃないんですが、精霊たちの様子はかなり敏感に感じ取れます。特に精霊の森の中であれば、余程の例外を除いてアミルの目を出し抜くのは無理です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ