この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

30

heim

出会ってまだ日の浅い頃。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
こちらはお題を使ってない140SSです。大人の皆様なら分かるかもしれない「自分の意思でなく帰りが遅くなった日」に出したもの、だった気がします。まぁ色々ありますよね。
サフがいた頃は、避けられない宮中の晩餐的なものの多くはイガルドが出てます。それは向き不向き以前に消去法(どっちがサフの元に残るべきか)ですが、それがなくても彼はあまりクリアにそういう場所へ行かせたくない模様。サフが不在時は揃って出る機会が増えましたが、基本的にイガルドはずっとクリアを気にかけてます。
この辺りではまだクリアが微妙に心開いてない様子が見え隠れです。イガルドの方はそれに関して「俺は新参者だし当たり前だな」と気にかけてないですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ