この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

龍門龍生

突然ですが、完結させます。 龍門龍生です。
 
思うところががあって、この作品を一度、終わらせることにしました。
 
実は、もっと幸せに感じてもらえる作風にしたうえで、
この龍の世界を描いていきたいと考えるようになったのです。
 
次の作品では、少しだけ設定を変えるかもしれませんが、
龍たちの魅力をしっかりと伝えることができる作品にしていきます。
 
こんな私ですが、これからも、よろしくお願いします。
 

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0