この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

宇佐木ぷらす

いつもご覧頂き有難うございます。
本編ではおそらく書くことが無いだろうと思ったのと、丁度良い機会だったので塩貝くんのことを少し書きました。
会話しか無くてすみません。
塩貝くんと彼女のことを書くのが目的だったので、地の文は死にました。
文化祭の時、オーシくんが気付かなかったのはイケメンさんだったからなんですねえ……
本編で触れてない話は割といっぱいあったり、なかったりします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ