この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

宇佐木ぷらす

いつも有難うございます。
今回は内容的に読んでも読まなくても良いような内容だったので、公開すべきかどうか、かなり悩んでいます。
何故、こんなに拗らせているかというと(オーシくんが)彼としても吉丘くんが「うん」と言うまで引き下がれないんだよね……と、なれば追いかけない訳がないよね……と。
そして「当然のように話を聞いてもらえないオーシくん」をしっかり演出したかったという理由だけで今回の話が書かれました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ