この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

28

華子

読んでくださってありがとう、何千、何万、何億と、人はいるのに、出会う人は、限られている。
すれ違うだけの人、すれ違いさえもしない人もいる中、運命の相手って、偶然に出会うのだろうか?
そこには、必然の要素があると思う。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ