この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

岩田こま草

最後までお読み頂きありがとうございました。
桜先生は男性に失望していました。
その時同性の美月さんに淡い恋心を抱いていたのです。
それが原動力となって「移動教室」という現象が起きた。そういう設定です。
では、「そだね」に続く北海道弁でお別れです。
したっけ!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0