この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

65

heim

竜でも主人です。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
怒るポイントが結構ズレてるティリエは、主人が竜だろうが人だろうが関係ないようです。
そしてシキは言葉通り「どうしたって竜」であり人じゃないです。人の姿の方が化けてるもので、本体はこちら。ティリエに対して出来れば隠したくない事実だったけれど、じゃあ最初から開示しても受け入れられる人の方が少ないということを、解決屋という職業をしているからこそシキは知ってました。契約前にどうしても言い出せなかったのはそんな経験からくる臆病さです。
そんな部分は、結局ティリエに伝わってしまってますが、彼女にとっては主人の弱さを許容するのも奴隷の務めなので、意趣返しだけで終わってます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ