この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

69

heim

代わりはいない。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
竜の番は唯一です。番だと思った相手とうまくいかなかった場合、一生独り身で過ごす定め。これは気持ちの切り替え云々以前の問題で、本能から他の相手にそういう気が一切起きないせいです。体も心も反応しません。番相手以外には無能です。遊びすら無理。迫られても一切の反応を見せません。友人などは作れます。
人の恋愛に比べると超重いですが、竜にとっての番への想いを恋愛と呼ぶのかは判断に困るかもしれません。人じゃないので。
書いてる当人的にこれ人を選ぶかなーなんて思ってますが、よく考えたらこれに限らず人を選ぶものしか書いてないので今更なのでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ