この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

62

heim

竜的には思い通りにならない番ほど可愛い。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
ティリエの中でシキを受け入れないという選択肢が最初から無いあたり、ティリエにとっても一目惚れだったのだと思われます。恋愛感情かどうかは判定が難しいですが、一生一緒にいるたった一人、という部分が揺るがない限り、彼女にとって自分の気持ちが恋愛かどうかはどうでもいい事です。
そもそも人でないシキにとっては、番への感情は人の持つ恋愛感情と一致かどうかはわかりません。感情でなく本能からくるものなので、人間の概念で考える事自体が危険です。が、恋愛に拘りないティリエがそれを気にする可能性は低いでしょう。主人が自分を選ぶならそれが全部であり恋だの愛だのの限定は不要、というのが彼女の認識です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ