この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

67

heim

まだ、お互いに譲らない。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
話し合いは平行線のまま終わり。でもティリエさんはあまり自重してないです。これは主人の言葉を信用してるからですね。そういうことをするのは番になる時が最初。竜は番に無理強いしない。つまりここではまだ、どれだけティリエが思わせぶりなことをしても主人は変なことはしない、という。一種の生殺し状態になってますが、嫌なら妥協してくださいね、というティリエなりの懇願です。
我慢できないから妥協する、というのは見方によっては欲に流された感じで嫌がる方もいそうですが、ティリエ的には主人の方で欲に流されてほしいです。自分が妥協する気は全くないので。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ