この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

61

heim

嫌味じゃないんですけど。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
シキの解決屋としての仕事範囲はほぼ世界全土です。竜の機動力を使えば、普通の解決屋が受けられない範囲の依頼ですらこなすのもあり、解決屋の中で最上位にいます。だからこの国を出る予定ですが、その上で一番大事なのは番の気持ちなのは、竜としては当たり前です。ティリエはちょっとズレた解釈してますが。
どんなに人の姿しててもシキは竜です。人の感覚と異なる生き物です。
……服のサイズなんて余裕ですよ。もっと言えば靴のサイズも指のサイズも、ティリエの全身あらゆる場所はほぼ把握済みですよ?
って言うとなんか変態的ですね。ただ誇張でなく、人から見た場合変態にしか思えない部分も竜にはありますので、変態といえば変態かもしれません。シキにそのつもりはないし、ティリエは主人を変態と罵る奴隷じゃないですけど。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ