この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

66

heim

だから、そんな心配しないで。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
心配してるものの、竜としてのシキには番以外の特定の何かを恋しく思うような感覚は無いです。故にここでシキが心配してるのは、人はそういう生き物らしいという、主に解決屋として人と関わった経験からくる理由になります。決して的外れじゃ無いですが、ティリエ的には自分が不安を感じる状況はそうじゃ無いので、改めて説明してます。
で、こちら残りが2話となります……あれこれ足りないものは後日の補足です。というか割と足りない部分が多そうなので、補足は短編付け足しどころか中編を上乗せ、もあり得る感じで終わります。振り返れば今回更新分は、出会い編、みたいな感じです。なおこちらが終わったその次の更新は久々な放課後になりますので、気になる方はそちらもよろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ