この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

61

heim

貴方は、私が選んだ主人ですから。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
ティリエがものすごく好意的に解釈し過ぎてるように思える方もいらっしゃるかもしれません。それは彼女が奴隷だから当然です。少なくとも彼女が就いた奴隷という職は、主人への敬愛が大事なものですから。それでも全部を妥協しないティリエさんは、根っからものすごく気が強い子でもある……のはお察し頂けたでしょうか。ついでにちょっとSっ気もあるかもですね。奴隷ですけど。
残り1話となりますが、少しでもこの二人を好きになっていただけたなら幸い。
青鳥に出してるものは全部、いつか小話に収録予定です。ただ順を追って入れていく関係上、ポッキーのあれは結構未来になるかもしれません。いつか時期外れの頃に見かけたら、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ