この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

66

heim

悲劇的すれ違い。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
希望がかみ合わないまま契約に至ってしまうという希少例になってしまいました。双方ともに契約を急いでしまったのが最大要因ではありますが、そもそも奴隷を買う大前提において「そういう関係」を当たり前に期待した彼女にそこまで罪はない……かもしれません。
割と生々しい発言をティリエさんは続けてますが、先祖代々で蓄積された知識とか知恵、心構えによって感覚がちょっと普通じゃないとお察しください。代々奴隷家系の彼女が市場で引く手数多だった理由は、こういう部分が教育を受けるまでもなく出来上がってる事が期待された故でもあります。もちろん普通の乙女心もありますけどね。
なおこの世界関係に関してはシキの職業から「解決屋系」と勝手に脳内で呼んでます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ