この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

26

卯飴莉

内緒事が多いですねぇ、桐くん。
朱仍ちゃんも可愛いですねぇ。
なんか年末の空気で疲れて、なにもやりたくないとぼやきながら、リビングのカーペットに寝転がって書いていました。ぽちぽち打ってる間になぜか涙が出てきて、悲しいお話を書いているわけでもないのに一人で泣いていました。家には他に人がいないので、思う存分泣けたといえば泣けたんですけどね。
えっと、来週は更新出来るか分からないんですが、出来そうなら頑張りますので、次回も宜しくお願い致します!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ