この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

鷹嘴

ここまでお読みくださり、ありがとうございます、鷹嘴です。
大学時代、スランプに陥っていた時に書いていたもの。
せっかく書いていたので、供養 (-人-)
ストック少ないので、ある程度で更新止まるはずです

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ

0