この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

heim

残ってる時間がかなり短い。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
単なる好き嫌いの話だったら言う必要ないとカリカが思ってた理由は、人のそういう関係には別離がつきものだと思ってるからです。酷い話ですけど、仮にリュシアンが単なる好きという気持ちだけだったらカリカは短命だと最後まで言わないままだったでしょう。死別もまた別離です。
ただ、リュシアンの場合、寂しさで死にそうだからというのが軸なので短命だと告白してます。カリカ自身はもう色々諦めてますが、彼が自分を選んだら未来でもっと辛いんじゃないかと心配して。
ここまで子どもにしては妙に達観してる言動してたのは無性だからというよりも、短い寿命を受け入れた諦観が根底にあったからです。

この作品が気に入ったら読者になろう!