この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

34

heim

そういえば魔法使い。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
この世界での魔法使いは凄く希少なものなんですが、ついうっかり忘れる程度にはカリカにとってその事実は些細なことのようです。カリカ自身がもっと希少な最後の召喚者一族だからというのもあるでしょう。今後は忘れないけれど、普段からあんまり気にしないと思います。
ついうっかりキスしてる二人組を見て思い出したカリカに罪はないですが、ここで改めてきかれなきゃ教える気も無さそうだったリュシアンです。気まずそうにしてたのは違う理由ですが、それよりもっとまずい問題を掘り起こされて観念しました。幸せに過ごすには未解決の問題がまだあった模様。
子どもというのはえてして大人の予想を超える質問を投げるものです。多分。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?