この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

28

heim

一抹の不安が残る反応。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
リュシアンからすれば、自分に対してハッキリ意見や気持ちを言わないまま胸の中に溜めた挙句、いつかの未来で「やっぱり一緒にいるのは無理だよ」と言われる事以上の恐怖はないです。それに比べるなら常日頃あれこれ言ってもらったり腹を立てたらすぐ教えてもらう方がずっと良いという話ではありますが、それとはちょっと違う方向で叩かれるのが嬉しいが混在してるのが問題という……おっと変質者を見るよう目で見ないでやってください。決して性癖ではありません(一応)。
なお、こう言うリュシアン自身は胸の内をハッキリ言うかとなると、言いません。それは言われたカリカが受け止めきれないことを危惧しているからです。その辺は勝手な大人ですね。だってリュシアン自身はカリカのことなら拒絶を除いて受け止められない事なんて絶対にないと言い切れますから。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?