この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

33

heim

だってそこにカリカはいないから。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
幼気な子ども(見た目は女の子寄り)になんていう知識を与えてるのかとも思いますが、半分くらいは心配からです。騙されてそういう場所に連れて行かれないように、そこがどういう所か説明してる中ですね。残りの8割くらいは迂闊な方々で、さらに残りは犯罪者予備軍みたいな感じで。
行ったことないと言えない辺りがリュシアンらしさ。むしろ過去通った街の花街は何処も知ってる男です。その辺はもう弁明しようもない程の駄目っぷりです。この辺は補足すればする程アレなので書くのは控えます。過去の所業に関してのフォローは困難です。カリカは知識の入手経路及び自身の性意識の希薄さから、そういうことに対し今の所は拒絶感がありません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?