この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

30

heim

まだキスの意味も理由も価値も感覚も分からない。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
カリカの不興を買う可能性があるのを分かっていつつも、どうしてもしたかった模様。というかカリカに対しては土下座に一切の躊躇がないです。頭を下げるだけでカリカにお願い聞いてもらえるなら何度でも下げるし、そうすることに何の不満もないのがリュシアンという人間です。仮に少しでも不平不満があったらカリカに伝わってますが、それが全くないのが彼の恐ろしい所でもあります。三回回ってワンだって喜んでします。そんな文化ないですが。
それにしても二人の温度差が酷いですが、今後それが縮まるかどうかは、カリカよりもリュシアン次第です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?