この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

初遭遇の思い出。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
完全に偶然の遭遇です。カリカからすれば魔物の気配がしたから行ってみたらリュシアンが魔物と対峙してた状況。リュシアンからすれば魔法使おうとしてたらいきなり見知らぬ子どもが目の前に飛び出してきた状況です。カリカはわかってませんが飛び出したタイミングは相当危ないものでした。彼は使おうとしてた魔法をあっさり消してますけど、普通の魔法使いじゃ消せるタイミングでは無いです。公道を走ってる車の目の前に飛び出したみたいな感じですね。
この世界の魔法使いは例外なく強いです。ただ強い中にも序列がある感じで、ある事情により強さが前後します。この辺は後々説明機会があればなぁって感じで、今は詳細に書く必要がないですね。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?