この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

32

heim

見知らぬ子どもの説得が面倒なだけ。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
この時点でのリュシアンは面倒なのでこうしました。仮にカリカが失敗しようが自分を騙そうがどうでもいい(どうにでもできる)からでもあります。ただ、邪魔をしてきた見知らぬ子どもの事情に配慮したという行為自体が彼らしくないと、彼を知る者たちなら全員が絶句します。お前そんな奴じゃないだろ!? みたいな。
まぁその辺はおいおい説明機会があればいいなってことで、この話(本編)はカリカ視点しかありません。カリカにとってのリュシアンはこの出会いから後の彼でしかないので……そういったリュシアンの世間での評判とは関係なく、カリカなりの判断をします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?