この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

細木あすか

風音は、ユキのこと家族だと思っているからこうやって甘えるんです。
でも、ユキにとっては「先生」なので一線引いています。
それに、風音も気づいてますが今はまだ気づいてないふりして彼女に付き合ってあげてます。
こうやって、彼らの関係は”成立”しているのです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ