この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

わらびー

この話を書きたかったがために勸垣くんが生まれ、えも先輩に失恋してもらうことが確定していた。
多分、えも先輩が大学入ったあたりで、えも先輩から勸垣に告白、[自主規制]をするのも勸垣が二十歳になってからで、結婚ももちろん、勸垣が安定した収入を得てから、勸垣はそういう男です。
それに対してえも先輩は不満げにしながらも幸せそうでなんやかんや言っても相思相愛になる(勸垣と付き合うことになっても運命の鐘はもう鳴らないし、えも先輩のロマンス脳は鳴りを潜める
運命の鐘に関しては、大体がえも先輩の思い込みであって、もし、「鐘なってない?」となっても、勸垣が「無音の運命の鐘とかすごいですね、やっぱり俺たちは特別なんです」とか言いくるめる

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ