この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

銀狐

今回、爆弾だったのは人数が多かったからです。
カラク一人の時は壁を乗り越えたり、道具を使ったりして入ります。
城の人もあれこれ対策しますが、さらにそれらを対策した方法で入ってくるカラクが手に負えません。
次回もお楽しみに!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ