この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

銀狐

ギルドと国は別の機関ではありますが、国の援助も受けるのでその国のお偉いさんたちに逆らえない面も多くあります。
カラクがこの事実を知ったのも最近なのも対処出来なかった理由の一つです。
次回もお楽しみに!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ