この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

岩田こま草

お読みいただきありがとうございます。
もう、お気付きの方もいらっしゃると思いますが、この物語の舞台は那覇空港近くの『旧海軍司令部壕』です。
私はただの観光でそこを訪れたのですが、ガイドさんの説明を聞き、身震いしたのを今でも覚えています。
その時は確か3月。壕の中は空調が効いていて涼しかったのですが、一歩外に出ると沖縄の強い日差しが襲ってきました。ましてや生粋の北海道育ちの私にはKO級の暑さでした。
戦時中は、空調も無しに、そこに何百人もの兵隊が座る場所も無い位に押し込められていたと考えると、私は汗をかきながら鳥肌が立ちました。
無益な戦争の犠牲となった何千人もの人たちのご冥福を祈らずにはいられませんでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

1