この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

千道

第4話を読んで下さってありがとうございます。
この小説、匂わせがひどい。
雰囲気小説なので、不思議だな、分からないなあ、と思いながら楽しんでいただければ幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ